IHI広島県呉工場で講演

IHI広島県呉工場で講演しました。広島という事もあり。

同じ年の木村拓也くんの話しもさせて頂きました。仕事が終了した後での講演になりましたが、皆さんが熱心に話しを聞いて頂き充実の講演が出来ました。有り難うございました。

宝塚ボーイズはゴールデンウィークが終了し、1年生33人が1年生大会に向けて練習に励んでいます。
2年生、3年生も大会をし色々な反省材料を試合から学び、練習で課題を克服する日々の練習が続きます。
夏の選手権大会まで、いよいよ1ヶ月。自分がチームに仲間に残せる日々を過ごして欲しいです。

世界大会の選手選考会が無事終わった

世界大会の選手選考会が無事終わった。
日本代表として集まった選手だけあって、

さすがにいい選手ばかりである。
能力の高い選手が集まる事で、今年の世界大会は優勝しなければならない、監督としての責任をしっかり背負って、全力で頑張りたいと思います。
今回参加してくれた、選手は、素晴らしい選手なんで、みんなから応援される選手として自分のチームでいい影響を与えて欲しいと思います。
お父さん、お母さんに感謝して。

カルリプケン12歳以下世界大会の日本代表監督

昨年夏に続き、今年も少年野球世界大会  カルリプケン12歳以下世界大会の日本代表監督として、

世界一を目指します。昨年とは違う、選手選考を日本代表スタッフが選考。2日、3日で全国から集まった26人が15人のメンバーとして決定。
中学1年生として、日本代表を決定する。凄い経験である。
今年は世界一が絶対条件。全て、監督の責任である。
どんな選手が来るか楽しみです。

ベースボールスピリッツの活動をいつも応援して頂き有り難うござ います

ベースボールスピリッツの活動をいつも応援して頂き有り難うござ

います。
子供達の活動は、会員の皆様の応援で成り立っています。
3年目を迎えるベースボールスピリッツの活動を今年も応援して下さい。
必ず、子供達は成長してくれると信じています。
子供達と全力で頑張ります。応援宜しくお願いします。

谷が木村拓也コーチ追悼試合で代打

ジャイアンツ木村拓也コーチ追悼試合で代打、

谷が満塁ホームラン。
代打に谷となった瞬間。ホームラン打ちそうな気がした。
同じ歳の47年会のメンバーである、木村拓也の思いを谷がしっかり受けてホームランを打った。
凄い。こんなメンバーと一緒にいれる事が幸せだ。
みんなと、拓也の思いを大切に頑張りたいと思う。

谷、有り難う。今年一年ケガなくプレーして下さい。

3学年そろっての父母会

3学年そろっての父母会を開きました。
1年生のお父さん、お母さんとの2、

3年生のお父さんお母さんとの顔合わせがメインで、父母そろって、チームをサポートする。全員で子供達の成長を応援する事を誓って。
成長する為には、素直な心が必要と良く言うが、素直な心は子供達だけではなく親にも、僕達指導者にも必要である。
こうしたらいい、もっとこうしよう。などのアドバイスを聞き入れる事。
こうしたらいいって言われても、でも、みたいな素直でない心は成長を邪魔するとにかく聞き入れて行動する事が必要である。
色んな方々と出会い、人と出会える事で成長する。
素直な心を持つ事で、素晴らしい人と出会える。向上出来ると思う。
子供達の成長の為にみんながどうあるべきか、考えて行動して欲しい。
僕も子供達の成長の為に頑張ります。

それぞれが新しいスタートを不安な気持ち

それぞれが新しいスタートを不安な気持ち、

頑張るぞと言う気持ちを持ちながら毎日を過ごしてる事でしょう。新学期を迎えた人、新入部員となって、新入社員となって、新しく環境を代えてとそれぞれですが。 しかし、共通してる事はみんな同じだと、向上しよう、良くなろうと思えば思う程、壁にぶち当たる。その壁を乗り換えて頑張ろうとしてるのは自分だけではない。立場、役割は違うけど、みんな壁にぶち当たり、戦っている。
周りをみると、みんな頑張ってるよ。自分だけではないよ。周りをみる事も大切である。
自分が出来る事一つ一つを積み上げると必ず壁は乗り換えれる。
例え毎日の10分の素振りでも。毎日のグラブ磨き、スパイク磨き。続ける事が大切である。
自分も向上する。みんなが頑張ってるから。

ジャイアンツ木村拓也コーチの告別式

ジャイアンツ木村拓也コーチの告別式がたくさんの方々に見守られ

行われた。
前日のお通やの参加者で800人。告別式は更に多い人で拓也を見守った。
改めて、木村拓也という選手時代から築き挙げてきた人柄、人望の凄さに感心させられ、彼と出会え、同じ歳のプロ野球選手の会47会で一緒にいる事ができ幸せだった。47会の会長であり本当に素晴らしい会長だった。自分が事務局をさせて頂き拓也の思いを聞いていただけに、47会として拓也の思いを大切にし、活動をしていきたいと思います。
拓也、有り難う、拓也の思いを大切にし47会は、しっかりとした活動を必ずします。
未来ある子供達を、いつも見守って下さいね。
拓也と出会えた事に感謝します。有り難う。また一緒に野球しよう。

ジャイアンツ木村拓也コーチが亡くなった

ジャイアンツ木村拓也コーチが亡くなった。
同じ歳で僕が大好きな選手の一人で、性格がよく人望も熱く。

本当に素晴らしい人である。
プロ野球47会会長で僕は事務局、キャンプ中も色んな話しを電話でしていて、今年のオフに会うのを楽しみにしていました。
なぜ、という思いと、本当に素晴らしい人だったんでもっともっと拓也から色んな事勉強したかった。
僕がプロに入った時から日本ハムに1軍でいた。打撃投手の僕に声をかけてくれ宝塚ボーイズの練習にも来てくれた事がある。
本当に素晴らしい人を僕は失った。きっとグランドに立ちたい。好きな野球をずっと続けていきたい。子供達にも、いっぱい伝えたいと思っていたはず。47年会は福祉活動に力を入れようと。今年オフから開始する為の準備をしていた。
拓也の思いを大切にしたい。自分の出来る事頑張るから。拓也、見ててくれよ。 いつか必ず一緒に野球してくれな。拓也に会える事が出来て、僕は幸せでした。ゆっくり休んでください。有り難う。

すごい男がいた

すごい男がいた。宝塚ボーイズ9期生 上松だ。
この春に高校1年生になる同じ学年のチームメイトのそれぞれの出

発に見送りをし、みんなに手土産を持たしている。お腹を壊しても大丈夫なように整腸剤、筋肉痛などの時の為にアンメルツ。
なぜ、上松はここまで出来るのか?
仲間が好きで仲間に感謝の気持ちだろう。
凄い選手だと改めて気が着いた。人の心を掴める。行動できる選手である。
上松頑張れ、みんなが必ず応援してくれるよ。