野球教室

野球教室

中学生が指導する小学生への野球教室の開催

きびしすぎてもダメ。やさしすぎてもダメだった。
ぼくたちが小学生だった頃、どんな気持ちでやってただろうか。
野球をもっともっと好きになってほしい。





福岡・島根・高知・岡山、合宿先の各地で行われる球団試み。
中学生が小学生にどう野球を教えるか。

相手の話をきく、表情をみる、どんな表情をすればいいのか、どんなことを考えればいいか、

どんな身振り・手振り、どんなことばをかけるか、
どんなふうに声を出せばいいのか、声の強弱・・・。

わからない、やってみる。どうダメだったのか、どうよかったのか。次どうすればいいのか。

選手たちは苦悩を重ね、限られた時間の中で
「教える」とはどういうことなのか考えて行動していました。


一期生の頃から見せてもらってきた宝塚ボーイズが結成10年を迎えた。部員は約10倍に増え、練習風景も大きく変わったが、「いい野球を求めたい」というチームの思いは変わらない。
今回参加させてもらった高知合宿でも、改めてその高い意識に触れた。 練習中の無駄のない動きや、1つ1つに意味を込めた声にはもう驚かないが、唸らされたのは夜のミーティング。
選手同士でとにかく厳しい意見を戦わせながら、解決、向上の糸口を探ろうとする姿に”超中学級”の意識が伝わってきた。
「なぜ、あそこへ投げたのか」「なぜ、右へ打ったのか」…。
目先の結果に安易に流されず「なぜ」を重ねていた。 話題が、午後に行った小学生相手の野球教室に移った時もそうだった。
僕にすれば<中学生がここまで教えられるのか><こういう雰囲気を作れるのか>と感心の連続で、先方の指導者も、選手も大いに喜んで帰っていった。
しかし、宝塚の選手の反応はまったく違った。
「楽しかった、だけで帰った子がいたんじゃないか」「もっとあの子達に気付かせてやれたんじゃないか」…。
とにかく満足を口にせず、常に「もっと、もっと、もっと」。
選手たちは「なぜ」と「もっと」を日々重ねながら、まさに「野球を通しての教育」の中にいる。
そんな彼らを羨ましく思いながら、一体このチームはどこまでいくのか…、と宝塚ボーイズへの無限の可能性を感じた、そんな合宿でもあった。


野球教室を終えて

 「野球教室をやってみて、僕は教えることの難しさがわかりました。
自分の体では表現できても、いざ、言葉で言うのは難しかったです。
しかし監督やコーチは、体でも言葉でもうまくて、正確に教えることができている。それができているのは、基本を完ぺきにできているからだと思う。だから僕も基本を完ぺきにできるように、こつこつと練習して教えるのをうまくしていきたいです。

 地域の人達とあって、とても親切な人ばっかりでした。
中村ブレイスさんは、僕がねんざなどをした時のために、手足を固定する物をくれました。僕たちに期待しているから下さったと思います。あと和田さんの話を聞いて、僕が思ったことは野球を愛する思いがすごい人だなぁということ。稲尾さんや三村監督などの人々にすごく感謝しているのだなぁと思いました。
地域の人達が宝塚ボーイズを期待しているので、その期待に答えられるようにがんばっていきたいです。

 みんなで過ごして団体生活のルールみたいなことがわかりました。自分勝手な行動をとるのは絶対してはいけないとわかりました。
なぜかというと、一人が勝手な行動をしていると、2人、3人とだんだん人数が増えてチームプレイができなくなるからです。
あと助け合いが大事だと思いました。それは困っている人がいれば助ける。助けてもらったほうは、次は自分が困っている人を助けようと思う。こういう連鎖がやがてチームワークとなっていくからである。
野球は団体スポーツなので、チームワークが大切である。
そのチームワークをもっともっと濃くして日本一チームワークの良いチームになりたいです。

「合宿で得たものを練習でいかしていきたいです。
僕たちには優勝しかいらないので、どこにも負けないチームになれるように、一つ一つを大切に、きっちり練習していきたいです。」 
宝塚ボーイズ K君

[河内長野市にて講演をさせて頂きました]

河内長野市で、たくさんの先生に講演をさせて頂きました。
楽しい時間と丁寧な対応有難うございました。

子供達の成長の為に頑張りましょう。

写真は教育フォーラム推進委員の皆さんです。

奥村 幸治

[イチロー選手、3000本安打達成!]

イチロー選手、3000本安打達成!

おめでとう。

彼の日々の努力、継続する力、ぶれない心の証ですね。
イチロー選手から、何時もパワーを貰ってます。
今年の夏は熱い夏になりました。
明日は母校の33年ぶりの甲子園での試合。
19日から宝塚ボーイズはジャイアンツカップ。

日々成長したいと思います。

暑さに負けずに頑張りましょう。

イチロー有難う!

奥村 幸治

[ベースボールスピリッツ杯に島根県大田市選抜で出場した吾郷君が島根県出雲高校キャプテンとして甲子園に出場]

第3回ベースボールスピリッツ杯に島根県大田市選抜で出場した吾郷君が島根県出雲高校キャプテンとして甲子園に出場します。

吾郷君が小学6年生の時に大会に出場し後日手紙を送ってくれました。
彼の手紙は僕の手帳に何時もあり彼の手紙にパワーを貰う事がある。

大会終了後に手紙を貰いその多くの手紙は宝であるが彼の手紙は格別な思いを感じる。

春の選抜で21世紀枠で出場の可能性があった出雲高校は残念ながら出場出来ず、しかし夏の予選を勝ち抜いて出場を決めた。
3塁ランナーコーチをしていると地元の方からも聞いていて、彼の成長した姿を楽しみにしています。
今年の夏も色々な熱い思いにさせて貰ってます!

奥村 幸治


[33年ぶりの甲子園に出場]

33年ぶりの甲子園に出場。

母校の市立尼崎高校が大先輩の池山隆寛さんが出場した以来の甲子園に出場を決めました。

当時の先輩達は雲の上の方ばかりでキャプテンの清水さんは三菱重工神戸でプレーをして監督もされ、池山さんはヤクルトで活躍し、今は楽天のコーチとして活躍されている。

僕よりも7つ歳上の先輩でプレーを一緒にした経験もないが本当に何時も可愛いがって頂き市立尼崎で後輩で良かったなと毎回会うと思う先輩ばかりで念願の甲子園に出場を決め本当に嬉しい限りです。

監督の竹本さんは阪急、オリックスでプロ野球にも在籍され、僕がオリックスにいた時は現役を上がられ球団職員として、何時も声をかけて頂いてました。
オリックスの球団の方も竹本さんの甲子園出場は本当に嬉しい事だと思います。

最高の舞台で1試合でも長く頑張って欲しいです。
母校の甲子園出場におめでとうのメールをたくさんの方から頂きました。

皆さん有難うございます。

宝塚ボーイズも8月19日よりジャイアンツカップ頑張ってきます!

奥村 幸治

[イチロー選手が日米通算記録で更新!]

4256本
ピート・ローズが持つメジャーリーグ最多安打記録をイチロー選手が日米通算記録で更新!

イチローが、アメリカにメジャーリーグに挑戦する時、純粋に思った。
イチローが成功しなければ日本人選手が打者として成功するのは難しいだろうと。

オリックスで2年だが毎日の様に一緒にいてイチローの話、行動の仕方、考え方を目の当たりにしてきた。

僕の一つ歳下の選手だったが、向上心、目標の立て方、前向きな姿勢、継続力。

全てが勉強になる事ばかりだった。

メジャーリーグで10年連続200本安打を打ち
200本安打は、11年間、今まで打っている。

イチローが頑張る事でピート・ローズの記録の凄さも感じる。

何年も安打を打ち続けないとこれだけ記録は達成しない。
試合に出場し続ける事が出来るから、これだけ記録が生まれる。

まさしく 心・技・体である。

イチローが頑張ってる姿を見せてくれるから
奥村さんも頑張れと言ってくれている様な気持ちになる。

イチローとの出会い、ご縁に感謝しかありません。
世界最高の打者に投げれた事、出会えた事を活かせる人生を過ごしたいと思います。

まだまだイチローのユニホーム姿をヒットを見たいです!

奥村 幸治

[第46回全国春季大会兵庫県支部予選]

昨年の秋から新チームの体制になり秋の予選で1回戦負けという敗戦をしたなかで、精神的な弱さや勝負に対しての執着心が足りない、本当に良い子の集団。勉強も出来る選手が多く周りにも迷惑を掛けない。人としては良い子達だとまざまざと感じた。
1年生に入団した時から行動を見ていてもそうだった。
しかし良い子では勝負にならない。
本気で勝負に挑む考え、行動、心構えを持って欲しいと今年1月に高松での合宿で選手が共有する時間を持ち、選手個人、個人がチームの為に考える時間を持ちチームを成長させる事を考える様になって欲しいと思い合宿を行った。
高松市、さぬき市では本当にたくさんのご縁を頂いた皆さんから力を頂き最高の合宿が出来ました。
2月にはベンチ入り25名が大会前に遠征をして
勝負が出来る状態にチームはなってきていた
しかし、詰めの甘さが行動からあらわれる。
整備の仕方や当たり前に練習が出来ている環境
3年生も受験が終わり宝塚ボーイズでは当たり前になっているが高校に向けての練習と後輩達へのサポート。
プレッシャーと戦って挑んできた先輩達が後輩を卒団まで、卒団してもサポートする。
宝塚ボーイズで味わった選手しかわからない空間がある。
そんな先輩達への感謝の思いを当日もスタンドで応援してくれ朝早くからグランドの準備を当たり前に3年生も協力してくれているチームの先輩に何で返すか。グランドで示す、表現する事しかない。

また1年生の入団の時から1番全力で支えコーチを宝塚ボーイズでしてくれた岩永コーチが3月中には福島県聖光学院の体育の先生として野球部コーチとして更に成長の場を頂いた。
最高の話しを頂いた。
岩永コーチの夢が、目標が現実になった。

4期生の佐藤、島根県立正大学淞南高校先生でもあり野球部コーチに続くコーチである。

彼らの目標達成へには、強い思いと前向きな姿勢。自分が発言し行動出来る力である。

そんな岩永コーチとの最後の戦いの1回戦の前に
僕自身は選手に語った。
岩永コーチとの最後の戦いにどんな思いで戦うかを、何が何でも負けれない思いを持って戦うと。
佐藤が高校の先生で行く状況と重ねて選手を見させてもらった。
対戦相手は今回と同じ状況で秋の予選も負け春にリベンジの対戦相手だった。
秋の時点ではかなりのレベルの差があり春も勝つ事は難しい状況だった。
初回に2点先制され苦しい状況から最終回に追いつき3対3延長戦にはいり力のある相手に最後押し切られ負けてしまった。

試合後の選手はその場から立ち上がる事が出来なく、泣き崩れていた。
監督しても彼らの本気で勝ちたい。
佐藤さんと全国大会に行きたい。

そんな思いを感じる試合だった。
彼らの姿をみて何も言う事がないくらいの試合だった。
そんな姿の選手達、宝塚ボーイズの教え子の姿を見させて貰ったからこそ、今回の選手達の思いの弱さにがっかりした。
何が何でも負けれない。負けたくない。

成功していく人達は、負けず嫌いだろう。

熱い思いを集団になって欲しいと改めて感じた試合でした。

この試合を見て応援に来た父母は何を感じたのだろう。
試合を見ないと感じないし、練習を見ないと何を求めて、何を求められているのかもわからないだろう。
選手が子供が頑張っているから親も成長出来る。
親の立場として、色々な事に子供と向き合って欲しいと思います。

宝塚ボーイズの夏は最高の熱い集団にしたいと思います。

何時も応援して頂いている皆さん本当に有難うございます。
良い方向が出来る様に頑張ります。
これからも宜しくお願いします。

奥村 幸治

[香川県さぬき市での合宿]

香川県さぬき市での合宿は3日間充実した内容で練習と野球教室が出来ました。

春の予選に向けてのチーム内での競争、チームの中心になる為の姿勢、行動、発言。
少しずつ宝塚ボーイズの先輩に近づき出していると感じました。

小学生に野球を教える野球教室では高松、坂出さぬき市などから集まって頂き素直な小学生の選手達と触れ合う事ができ宝塚ボーイズ中学生
が学べる場を頂きました。

合宿、野球教室開催の為に準備、当日の手伝いをして頂いた、県議会議員の岡野先生。
野球王国復活プロジェクトメンバーの皆さん。
グランドの使用にあたり、さぬき市の市長様
多くの皆さんの協力で充実した日を過ごす事が出来ました。

本当に感謝しかありません。

また機会があれば皆さんと交流させて頂き、成長させて頂き
たいです。

有難うございました。

奥村 幸治

[明けましておめでとうございます]

明けましておめでとうございます。

昨年はベースボールスピリッツの活動、
宝塚ボーイズの活動に応援、支援して頂き
有難うございました。

年末には8回目のベースボールスピリッツ杯
を開催する事が出来、無事終了する事が出来
ました。大会参加して頂いた皆さん。支援して
頂いている企業の皆さん有難うございました。

宝塚ボーイズ18期生の体験練習も行いました。
参加して頂いた6年生、保護者の皆さん有難う
ございました。
体験希望の選手がいましたら連絡頂ければ嬉しいです。
4月から宝塚ボーイズ18期生として、先輩達と
一緒に成長しましょう。

今年一年もベースボールスピリッツ。
宝塚ボーイズを宜しくお願いします。

奧村幸治

[島根県出雲市で講演させて頂きました]

島根県出雲市で中国地区PTA連合会で講演させて頂きました。

たくさんの皆さんと交流させて頂き
ご縁を頂き有難う御座いました。
書籍販売も協力して頂き有難う御座いました。
何においても裏方として準備され後片付けされてる姿を拝見させて頂き
成功への大切な事は準備、終わった後の行動ですね。

皆さんの姿をみて色々な事を感じさせて頂きました。

本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました。
また、皆さんとお会い出来れば嬉しいです。

奥村 幸治

[熊本で講演をさせて頂きました]

熊本で講演をさせて頂きました。
社長様から講演終了後に嬉しい言葉を頂きました。

今日の講演の話から柳生家の家訓を思い出しましたと。

柳生家の家訓

小才は、縁に出会いて縁に気づかず。
中才は、縁に気づいて縁を活かさず。
大才は、袖すり合うた縁も活かす。

野球だけをしてきた自分が裏方としてプロ野球の世界に入り、現役の選手になりたかった。
しかし、夢は掴めなかったが裏方の仕事を全力でする事で、指導者の皆さんや、一流の選手と交流でき、出会いが自分を成長させてくれています。
また、講演活動をする事で様々な分野の方との出会いから色々な事に気づき、感じ、考えさせて頂いている自分があります。
出会いがあり、ご縁からの成長を本当に嬉しく思い、熊本で、この様な柳生家の家訓の話を頂き本当に有難いですし、この言葉を心に入れて日々過ごしたいと思います。

出会いにご縁に感謝して頑張りたいと思います。

有難うございました。